料理の正解

なぜ巻けない?プロが教えるだし巻き卵のおいしく作る方法

だし巻きは和食の定番メニューですよね!

でも卵焼きに比べてかなり難しいです

僕の母親も卵焼きは作れてもだし巻き卵は作れませんでした

和食の料理人でも難しいです(普通の家庭よりも多めにだし汁を入れて作ってます)

そんなだし巻き卵の作り方を丁寧に解説していきたいと思います

みんな絶対に作れるようになります!

過去1000本以上だし巻き卵を作った僕だからこそ伝えられる

失敗の原因、成功するためのポイント、作りやすくするためのレシピ(配合)

だし巻き卵を作る流れ

1:卵を解く

2:卵液にだし汁、調味料を合わせる

3:卵液をザルでこす

4:焼いていく

5:形を整える

レシピ

材料

・卵     10個

・だし汁  320cc(お店で出している分量は360cc)

・みりん   10g

・薄口醤油  24g

※卵の使う分量に合わせて他の材料を減らしたり、足したりして下さい。

だし巻き卵を作るポイント

だし巻き卵は普通の卵焼きよりもだし汁を含んでいるため

卵の固まり方が弱いです(緩い生地)

なので火の扱い方と油のコントロールを完璧にしてあげる必要があります

また巻き方も非常に難しいと思いますので一つ一つ解説していきます

  • 卵はしっかり混ぜてからだし汁と調味料を入れる

最初から卵に調味料を入れてしまうと卵がうまく混ぜることができずに味にムラができてしまします

  • だし汁は粉末のだしの素で利用してオッケー👌

だし汁はだし巻き卵にとって命かもしれませんが家庭で昆布からの鰹だしをとろうと思うと大変ですし面倒です

特に主婦にとってこんなに時間がかかるだし汁とり作業は時短料理として取り入れることが難しいです

なのでこだわりがなければ全然、粉末のものを使ってもいいと思います

どうしても健康面でこだわりたいけど、だし汁をひく時間もないって人は久世福商店の万能だし、毎日だしを使用してみてください!

化学調味料不使用、保存料不使用といった身体に優しいものを使用しており、使われている食材にもかなりこだわってあります

僕も久世福商店さんの商品は昔から大好きで利用させていただいております

近くにお店がない方もネットで買うこともできます

 【サンクゼール&久世福商店オンラインショップ】

リピ学長

久世福商店の商品は美味しいはもちろんだけど

何度でもリピートしたくなる要素がたくさん詰まっているから最高だよ!

  • 卵液はザルでこす

卵を溶いても卵白の結びつきが強いので溶ききれない部分があります

それをザルでこすことによってキメ細やかな卵液となりムラのない綺麗なだし巻き卵となります

また仕上がりの舌触り全く変わってきます

少し手間だと思うかもしれませんが絶対にやった方がいいです

プロもこの方法を使っています

  • 焼くときは必ずだし巻き器油を引いて温まった状態で使用してください(絶対)

温度が低いとだし巻き器にひいた油吸ってしまい、せっかくのコーティングがなくなり卵がくっつきやすくなります

それでは巻くことは不可能です

いくらテフロン加工使っているからで大丈夫といっても次第に鍋がダメになりやすくなります

モノは大切に扱って少しでも長持ちさせてあげると経済的にもラクですし、器具も喜んでくれます(物にも心があると未だに信じています)

  • 最初の芯はぐちゃぐちゃでも大丈夫

最初の芯はどうしても作るのが難しいです

なのでとにかく奥から手前へと寄せながらもってくることで形は悪いですが芯はできます

そのあと巻きながら修正すれば問題はありません

最初の芯が分裂したりしたら修正するのはプロでも至難の業です

なので最初から綺麗に作ろうとするのではなく徐々に綺麗にしていくイメージでオッケーです👍🏻

※ちなみに最初に流す卵液は少量を流し入れ薄めの生地にした方が芯は作りやすく綺麗に作れます

  • 火加減は最初強火から中火へと落とす

最初はもちろん火を強くして鍋を温めないといけませんが

しっかりと最初が温まってしまえばあとは中火に落としてゆっくりと焦らず巻いてあげるといいです。

ずっと強火にするという人もいますが、慣れている人はいいと思いますが

相当練習しないと無理じゃないかなぁ〜と思います 笑😅

卵の固まるスピードについていけなくなります

リピ学長

焦らずゆっくり丁寧に巻いていきましょう!

落ち着い巻いたらできるよ!

  • 毎回油を塗る

一回生地を巻いたらその都度油を塗ってください

鍋にくっつくのを防止するためです

100均一などのたこ焼き器用の油をひくものを使うと便利です

ダイソーのたこ焼き器の油引き

  • 巻くときは手前を持ち上げてあげる

ヘラを使って巻く人がほとんどだと思うので

巻くときはだし巻き器の手前を少しだけ持ち上げてあげると締まりある卵になります

大抵の人は奥を持ち上げて手前に持ってこようと卵を持ち上げますが

それでは勢い余って崩れてしまったり、生地の巻きがゆるゆるになったりします

  • 巻きすに取って形を整形する

最後巻き終わったら、綺麗に整形したい場合は巻きすに取ってあげると

綺麗な形をキープすることが出来、プロが作るような模様もつきます

上手に作るためのコツ

上記のように説明はしてきましたがどうしても作るのは難しいです

僕もお店で出せるようになるまでたくさん練習して来ました

そのくらい難しいです💦

モンキー

すぐに卵破れてぐちゃぐちゃになるんだよね〜

リピ学長

破れないようにするための裏技を教えてあげるよ!

○難しい場合は出汁を減らして作ってください

そして少しずつ出汁の量を増やしながら作っていくと次第には通常の分量で作ることができるようになります!

出汁を減らしたぶん醤油も少し減らしましょう

○レシピにだし汁、調味料を入れるタイミングで片栗粉5gを足して下さい(その後しっかり混ぜて、焼く前も混ぜて片栗粉が固まらないようにする)

片栗粉を入れることで卵が固まりやすくなり巻きやすくなります

ここまで紹介して来ましたがいかがでしょうか?

とにかくうまく巻くためには失敗はつきものです・・・

失敗を恥ずかしく思う必要はありません!

特に和食で言ったらだし巻き卵と天ぷらは難しいです

他にも魚を捌いたりすることも難しいですが、家庭で行うレベルではだし巻き、天ぷらはダントツで難しい・・・

でも挑戦してもらう価値は絶対にあると思いますし、作れるようになれば自慢できます😆

だし巻き卵はふわふわな生地でだし汁が食べたときに口中に広がる感じがたまらなくおいしいです🤤

家庭の食卓にも是非並べてほしいですね!

僕はこの記事を読んで下さった方が全員作れるようになってほしいと思っていますし、できると信じています❗️

僕の妻も同様、練習しています!僕がそばにいる限り必ず作れるようにしてみせます

なぜなら妻は努力しています

必ず作れるようになります!

でないと僕が料理人である意味がありません😣

分からないことは是非コメントしてください!

みなさんが笑顔で無理なく楽しく料理を作れるため、これからも僕自身も頑張ります💪

ここまでご覧いただきありがとうございました!

ふわふわ卵は食卓の花となる〜🌸