食材知識

かぶってどうやって食べるの?かぶを美味しく食べるための調理法

o-dan

かぶ(蕪)って美味しいの?

結論、蕪はめっちゃ美味しいです!

苦味は全くなく、みずみずしくて甘く、どんな料理法にも最適!

炒め物、煮物、漬物と料理人からしたらこんな便利な食材を使わない理由がないと言っても過言ではないでしょう!

そもそもスーパーで蕪が並んでいたとしても手に取る人って少ないと思うんですよね。。

家庭でも今まで1度も食卓に出たことがないっていう方も多いのではないでしょうか?

なんかわからんけど大根のお友達? 辛いんじゃないの? 小さいし大根に比べたらコスパ悪くない?そんな意見の方も多数見かけられます

今回はそんな疑問を解決して必ず、美味しいと思えるように記事を書いていこうと思います

まずやるべきこと

蕪を買ってきたらまず葉っぱの部分を根の部分から切り離します

葉をそのままにしておくと根の水分を吸い上げてしまい、スの入ったカスカスの不味い蕪ヘとなってしまうからです(蕪に限らず大根やにんじんといった根菜類なら同様のことが言えますので注意して下さい)

ここで疑問に思った方もいるのではないでしょうか

なぜ蕪だけ立派な葉っぱがついたまま販売いるのだろうか?

答えは簡単!葉っぱもめちゃんこ美味いから!

もちろん大根の葉っぱも美味しいのですが蕪の葉っぱに比べらら軸は硬く、苦味もややあります

それに比べたら蕪の葉は柔らかく、クセもなく、甘味もしっかりとある優れものです

葉っぱは買ってすぐには使わないという方は鍋で塩茹でしてジップロックに入れて冷凍しておくと長期間保存可能です。(細かく切ってから冷凍しておくと吸い物の彩りや、煮物にもすぐ使えて便利です)

蕪の調理法

蕪は煮物にするのがオススメ!

蕪はそのまま食べても甘いですが火を通すことによって更に甘みを増し、子供のでも食べやすく柔らかく仕上げられます

皮を剥いて縦に4〜8等分に切り分けだし汁で煮ていきます

切ってから水に浸けておくとアクが抜けていいと言う方もおられますが、僕の経験上その必要はありません。そもそもアクの少ない野菜ですのでそのまま煮てオッケー👌ですし(直か炊き)、素材の旨味をそのままだし汁へと移ってより美味しくなります

蕪は大根に比べて火の通りがものすごく早く、下茹では不要です

正直ここが蕪の一番いいところと言ってもいいかもしれません!

大根は煮るのにとても時間がかかりますが、蕪は10分ほどコトコトと煮るだけで火が通って柔らかくなります(蕪の切る大きさにも寄りますが縦に6等分に切れば10分〜15分の加熱で十分です

注意:火が入るのが速いぶん、にんじんなどの硬い食材と一緒に煮るときに煮るタイミングを同じにしてしまうと蕪だけグダグダに煮えて崩れた状態になるので、他の食材がある程度火が通った状態になってから入れるようにしましょう

上記のように蕪は時短 簡単 美味しい!の3拍子がついた優れた食材です!

皮も綺麗な状態であれば、塩揉みして食べることも可能です

蕪レシピ→https://www.orangepage.net/recipes/search/66

様々なレシピを参考にして作ってみて下さいね😊

○おろし器でかぶらおろしにすることで大根おろしが辛くて苦手な方も食べれるようになるかもしれませんよ😉

○カラスミ大根の代わりに蕪を使用する料理屋も多く、生で食べるのに抵抗は全くする必要はないので、ただカットするだけで塩昆布と和えても美味しいです!

↓以前作った蕪料理4選

左:蕪の葉の佃煮  中央手前:蕪の漬物  中央奥:蕪と牛肉の煮物  右:蕪のみぞれ汁

プラスα豆知識

おいしい時期:2月〜5月 10月〜12月

基本寒い時期の作物なので鍋などに冬に温かいものを作るのには最適ですね

最近では夏かぶらと言って、夏にもおいしく食べれる蕪があるようですので食べてみるのもありですね!(ちなみに僕は食べたことがありません・・・今年は探して食べてみます!)

栄養成分:○実 ビタミンC カリウム ジアスターゼ

栄養成分:○葉 カロテン ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC カリウム

このようにじつは実の方が葉よりも栄養価は高いです

葉っぱも捨てることなく食べると栄養価的にも節約のためにも絶対に得すると思います!

またその方が蕪も喜んでくれると思いますよ✌️

実は知らない 蕪は全国様々な種類がある

一般的にみる蕪がほとんどだとは思いますが地方によって様々な自慢の蕪が存在します

これまで紹介してきた蕪は白いポピュラーな蕪について説明したものです。

地方様々の特有の蕪は赤や紫のものがありそれぞれ肉質が固かったり、渋みがあったりするものも存在します

それらはそれにあった調理法や使い方で料理を引き立ててくれますのでぜひ使ってみて下さい!

ちなみにこれは僕の大好きな京都の聖護院かぶ!甘味も強く安くて美味しいです!