料理の正解

そうめんのおいしい茹で方。プロの料理人はこうしている!

夏に欠かせないのがそうめん!

つるんとした喉越しが夏バテした体にも入りやすい夏の最強食材☀️

そんなそうめんですが、どのように茹でるのがいいのでしょうか?

色々な人のパターンを比べながら、プロの料理人がわかりやすく解説します!

そして、自分に合った最高の茹で方を見つけておいしく食べて下さい😊

食べ方、アレンジ等も紹介して飽きないための工夫も教えちゃいます👍🏻

それでは本題へ参りましょう🚗

そうめんの茹でるポイント

・氷水を用意する

・茹で時間は表記に通り茹でる

・箸でほぐす

・大きめの鍋でたっぷりのお湯で茹でる

・ぬめりをとる

  • 氷水を用意する

最後に氷水で締めるのですが、あらかじめキンキンに冷えた氷水を用意しておくと後の手順が楽に済むだけでなく、茹で上がったそうめんが一気に冷まされるため引き締まったそうめんになります

麺を取り上げるためのザルも最初の段階で用意しておきましょう!

  • 茹で時間は表記通り茹でる

そうめんの裏に表記している茹で時間は、そのそうめん適した茹で時間なので、その通り茹でて下さい

もし硬めの麺が好きな場合は表記より20秒早くタイマーをセットし、お湯に浸かった麺を2本ほど食べて硬さを確認して下さい

もし硬すぎる場合はもう少し茹でて、好みの硬さであればそのままザルにあげて下さい👍🏻

もし柔らかい麺が好きな場合は、表記通りに茹でて確認した後にもう20秒ほど茹でて様子を見て下さい!

最初から茹で時間を長くタイマーをセットしてしまうと茹ですぎのブヨブヨになっても、元に戻すことは出来ません

なので茹で時間を短めにセットするのはOKですが、長くセットするのはNGです

どんな時でも確認は料理において必須作業です!

料理が失敗する人の特徴が最終確認をしないことです!

全てにおいて、自分の舌で味、食感、硬さを確認した上で仕上げ作業に入りましょう😊

  • 箸でほぐす

最初、熱湯に麺を入れて茹でますがと麺に含まれるデンプンが溶け出し、とろみや粘りが出てきます

その粘りで麺同士がくっついてしまうので、それを阻止する必要があります

・鍋に麺を入れるときも、鍋の淵に麺を広げるイメージで入れていきます

・全て麺が湯の中入ったら箸で10秒間ほぐし混ぜます

鍋の中心に麺が絡みやすく、くっつきやすいため箸で広げていきます

  • 大きめの鍋でたっぷりのお湯で茹でる

鍋が小さいと麺が鍋の中で広がることが出来ずに、ダマ(塊)になってしまうのです😱

なので大きめの鍋でたっぷりのお湯で湯がいてあげましょう!

 表記以上に湯は多くてもOK👍 

  • ぬめりをとる

茹で上がったらザルにあげて氷水に入れて麺を引き締めますが、その時氷水の中で丁寧洗ってあげることで麺についたぬめりを落として食感をよくしてあげます

ぬめりが多いと食べるとき時間と共にくっついてしまうので、滑りとりは必須作業です!

氷締めしながらぬめりを落とす↑

洗うとき、強く洗うと麺が引きちぎれますので

優しく丁寧に洗ってあげましょう!

野菜の茹で方はお湯から?水から?上手に茹でて野菜の本質を引き出す方法をプロが解説 野菜は下処理が必要とされてる料理が多くありますが その中でも今回は茹でるに着目して調理を解説していきたいと思います 皆さん...

めんつゆで旨さ激変

麺つゆは普通の市販のものを表記通り、水で割って作っていいのですがそれにプラスαして旨さを激変させることが出来ます!

僕はポピュラーにそのまま、そうめんをしょうがとネギをたっぷり入れて食べるのが好きです

ではその他にどんなつゆが美味しいでしょうか?

食べ方を紹介しますね!

  • みぞれつゆ

めんつゆ+大根おろし+しょうが+刻み大葉

さっぱりとした大根おろしがめんつゆと相性抜群で大葉の香りが噛んだときに口の中に広がる!

  • ごまつゆ

めんつゆ+ごまドレッシングか練りゴマ+炒りごま

風味あるゴマが麺と絡みやすく、食べやすい!

  • ピリ辛つゆ

めんつゆ+キムチの素+水+ごま油

少し刺激のあるつゆが夏の暑さにはピッタリ!ごま油が辛みとマッチしてすごく美味しい♡

他にも様々なつゆのアレンジがありますのでよかったら確認してみて下さい😉

僕のオススメの市販めんつゆは久世福商店のめんつゆ!

食材にもこだわっていてとてもいい味が出て美味しいです💕

 

そうめんの粘りをなくす対処法

そうめんはつけ麺につるだけでなく一緒に食材と和えたり、上に食材を乗せたり、にゅうめんのようにしたりと様々なアレンジが可能です!

嫁さんが作ったそうめん! 上に色々乗せて出してくれました☺️ とっても美味しかった✨

そんなとき問題が一つ発生します・・・

例えば、よだれ鶏をのせて固くしたり、冷しゃぶと合わせたりしてごま風味に仕上げてみたりすることが出来ます

そんな時どうしても麺と麺がくっついてしまいますよね💦

最後氷水で麺を洗っても全て落とし切ることが出来ずに粘りと粘りがくっついて箸で持ち上げたとき塊となってしまってます😱

そのようなときの対処法

  • 油を使用する

油をしようすると麺がコーティングされて、くっつかなくなる

  • 出し汁の中に麺をいれ、ラーメンのように作るイメージにする

液体類の中に麺を入れるとデンプンが麺から外れていきますのでくっつきません!

  • 茹でるとき沸騰した鍋に麺を入れたあと、温度が下がるので再沸騰するまで待つ

蓋をして5分経ったら、氷水で締めて洗ってあげます

そうすれば麺はくっつきません!

この方法は僕自身も知らず、動画を拝見させてもらってから知りました!

本当に素晴らしい発見だと思います✨

そうめんのアレンジレシピもよかったら参考にして下さい😉

そうめんアレンジレシピ

 

最後に

ここまでそうめんについて解説してきましたがいかがだったでしょうか?

そうめんを上手に茹でてこの夏たくさん食べて暑い夏を乗り切って下さい😉

最後に補足としてあんまり安すぎるそうめんはオススメしません・・・

喉越しが悪かったり、麺の食塩がキツすぎたりします

僕の経験上安いものを購入して失敗した経験が何度かあるので注意して下さい⚠️

だからと言って超高級なそうめんが必要と言っている訳ではないので、自分の好みに合ったそうめんを選ぶようにして下さい😊

僕のオススメはこちらです!

 

島原はそうめんの名産地で麺のバランスがとてもよく美味しいです😍

訳あり商品で折れてたりもするのですが、味的に全然おいしいです!

 

ちょっと高級なものを食べてみたい方はこちらの商品がオススメです!

とても細く、あっさりと軽く喉ごしが良いです☺️

ちなみにお店で使っているそうめんもこれです✨

今回を機に色んなそうめんを試してみるのもありですね!

ここまでご覧いただきまして、ありがとうございます☺️

Instagramで過去の料理やお菓子作り、調理の情報を発信しています!